舞台俳優:小栗旬


舞台「お気に召すまま」の再演も決定し
ますます活躍の場を広げている小栗旬

「実力派若手俳優 小栗旬」と言われるようになったのは
テレビや映画だけでなく、舞台での経験も大きいはず

特に、2006年の2作品
「間違いの喜劇」と「タイタス アンドロニカス」は

俳優 小栗旬に多大な影響を与えた作品だと思います

何と言っても演出が、”世界のニナガワ”こと蜷川幸雄

演劇に詳しくない私でも、蜷川演出による
<彩の国シェイクスピア・シリーズ>が
国内外の演劇ファンから高い評価を受けていることは知ってました

そんな舞台での小栗旬画像を見れるのが、このDVD!!

今度の舞台「お気に召すまま」を見に行く前に
ゲットして観ておきたいと思ってます!

DVDの <特典映像>に、それぞれの舞台のメイキング映像や
旬クンのインタビュー画像も入ってるそうですよ〜

写真集で見たイギリス公演の様子が
動画で見れるのは嬉しいですよね!

小栗旬クンは、「間違いの喜劇」では
アンティフォラス兄・弟<二役>
「タイタス アンドロニカス」ではエアロン役で出演しています

「タイタス アンドロニカス」は
<英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー主催
「シェイクスピア・フェスティバル‐The Compelete Works−」正式招待作品>

でもあり、「凄惨な復讐劇を美しく描いた」と
イギリスでも絶賛された舞台だそうです

舞台俳優 小栗旬のイギリスでの演技

見たいです!
小栗旬の2作品はココ>>


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3176966

この記事へのトラックバック